阿智精機は、向上心と大きな夢を持った社員の集合体です。この長野の地から、ものづくりを通じて、あなたも私たちと一緒に未来を創りませんか?

募集要項

○募集職種・分野

メカ開発/自社製品、OEM

自社製品、YURUSORの開発、お客様の省力化機械設計

基盤設計、電機設計開発/自社製品、OEM

自社製品YURUSORの開発、お客様の省力化機械設計

機械オペレーター/部品製造

自社製品YURUSORの加工、OEM商品の医療機器部品、食品梱包機、各種付加価値の高い製品製作、自分の組み立てたものが世界中で活躍する機械部品の製造

機械組立/自社製品、OEM製品

自社製品YURUSORの組立、OEM商品の医療機器組立、食品梱包機組立、自分の組み立てたものが世界中で活躍する機械の組立

資材/協力会社発注受け入れ管理、協力会社選定

社内と協力会社を繋ぎ合わせ清算のコントロールをする重要部署

先輩たちの声

同年代の中で日々、やりがいを感じながら楽しく働いています!
新たな取組みから、会社が進んでいくことにやりがいを感じています。
更なる加工技術の向上と若手の教育に注力しています!
偶然の出会いから、自分のやりたい仕事に出会えました!

同年代の中で日々、やりがいを感じながら楽しく	働いています!

大変なときもありますが、日々仕事のやりがいを感じ、楽しく働いてます!

私の現在の仕事は、部品のバリ取りなどの仕上げ工程を担当しています。前職も製造業で、プラスチック成形品の量産ラインで組み付け・検査・梱包・出荷を担当していました。とても人数の多い会社で、役割分担が明確だったので毎日同じ仕事ばかりでやりがいがあまりないな…と感じ、転職を考えていました。

そんな時、阿智精機はハローワークで見つけて面接を受ける事にしました。入社の決め手は、面接のときの社長の人柄がと、同年代の社員の方が多くいたので良い人間関係を作れるかなと感じた事です。前職では、人間関係でうまく行かなかった部分もあったので、「この会社なら大丈夫かな?」と思い、入社しました。

入社してみると、同僚と話もしやすく、とても楽しく仕事ができていました。ただ、職人気質の方が多いので私の仕事が不十分の時には、黙って直されてしまうこともあり、ただただ申し訳ないなという気持ちと悔しい気持ちでいっぱいでした。

付いていけるか不安を感じる事もありましたが、「やりがいを求めて阿智精機に入社したんだからやりきろう!」と思い、どうすればいいのか上司の原さんに相談をしました。
その際に、「職人気質の人も多いので質問しづらい時もあるかもしれないけど、困ったら声を掛けてほしい」と言われ、以来、私の方から積極的に相談することにしました。相談してみるとわからなかった事を一つ一つ理解することができ、今では、私の仕上げた製品もそのまま御客さんにお渡しできるようになってきていて、仕事に対してさらにやりがいを感じる事が出来ています。

また、相談することで先輩方とのコミュニケーションの回数が増えたので、社内での交流が増え、どんどん仕事が楽しくなっています。

休日には、阿智精機のある阿智村は山道が多いので景色も良いので、最近話題の「天空の楽園」と呼ばれる昼神温泉郷や、松本の方までかつ丼を食べに友達とドライブをしたりともて楽しんでいます。
仕事のやりがいと充実した私生活を過せているので、本当に転職してよかった!と思う毎日です。
今後の目標としては、組立品の脱着作業や製品の洗浄工程までを担当できるようになれればと考えています。阿智精機は、非常に若い人と職人気質の年長者の方がいる非常に学ぶ事が多い将来性のある会社だと思います。同年代の方で、ものづくりに興味がある方と切磋琢磨しながら働きたいと思います。ぜひ一度、見学にきてください!

新たな取組みから、会社が進んでいくことにやりがいを感じています。

私は高校卒業後、鉄骨会社で6年間働き、ホームヘルパー2級を取得した後に介護事業所に転職をして1年ほど勤務していました。今までの職場も非常にいい環境だったのでやりがいを感じていたんですが、勤め先が遠方にあったのでそろそろ地元にという気持ちもあり、転職を考え始めていました。そんな時に阿智精機の求人を見つけ、応募しました。

阿智精機には営業職での入社となりましたが、現在では社内の生産管理を担当しています。あれって思うかたもいるかもしれませんが、入社当初、営業を担当していた時には、事務作業に追われて、製品に対する知識を深める機会が無く、いいのかなと悩んでいいたんです。
そんな時、社長からせっかく加工業に入ったんだから知識を付けたほうが良いと言われ、生産管理を担当することになりました。
実はそれまで阿智精機に生産管理・品質管理という部門はなく、部門の立上げという位置づけもありました。立上げ当初はわからないことだらけで、加工部門への図面の受け渡しや材料調達が中心の業務で営業の時とあまり変わらない仕事をしていました。
このままでは同じだなと感じ、業務の範囲を広げる事を始めてみました。まずは社内の生産体制の見直しや、社内の検査器の使用方法を一から学び品質保証体制づくりに取り組み始めました。

特に力を入れた生産管理システムの構築は、様々な方に意見を聞き、時には外部の方にも意見を求めて進めていきました。現在では、このシステムを利用して図面や作業管理書の作成、履歴の作成・納期表の管理も行っています。今思い出すと、非常に苦しい反面、やりがいのある仕事で自分の仕事に誇りを持てた瞬間でした。
現在は生産管理部門も人員が増え、私は課長という立場を任されています。四苦八苦した検査体制作りも、現在では検査担当者等を付ける事が出来、私自身は新たな取組みを行っています。
今後の目標は、私の製作したシステムも良いとは思いますが、社内の管理を徹底するためにも新しいシステムの導入を検討しています。また、生産管理の一貫として5S活動にも取り組んでいきたいと考えているところです。

阿智精機は社長を含め、非常に若い会社であると同時に頼りになる年長者の方もいる非常にバランスのとれた会社だと思っています。また、新たな物事に挑戦する姿勢を社員一人ひとりが持っているので、自主性が重んじられます。なので、指示された事に対して答えるのではなく、自分の意見も含めたプラスアルファをしっかりとつけてアウトプットできることが理想です。そのような方がいらっしゃれば、ぜひ一緒に働くことできればと思っています。一度、工場見学にあそびにきてください!

同年代の中で日々、やりがいを感じながら楽しく	働いています!

私は、高校の時に土木科を選考していて卒業後は4年間建設業で働いていました。卒業後は、名古屋に出て働いていたのですが、リーマンショック等もあって仕事が減ってきたこともあって家族の事も考えて決まった土地で働けるよう工場へと転職することにしました。
転職した先では、建設業とすることが根本的に違うので、大変でしたが非常にやりがいを感じていました。しかし前職は、人間関係が良いと言える場所ではなくて業務以外での悩みが多くなっていったので雰囲気のよい会社で働きたいと考えていた所に阿智精機の求人が目に留まったんです。
面接を受けに行くと、社長の人柄もあり、いい会社だなと感じました。その後、採用していただき2012年の9月からお世話になっていますが、前職でも似たような職種だったので、知識や経験が活き、会社にも貢献できているのかなと感じています。

現在の私の業務は製品の製作はもちろん、機械を如何に効率よく使って時間を短縮できるのか考える生産管理に近い仕事を行っています。私自身初めての取組みでしたので、経験だけでは解決できない部分も多く、先輩の遠山課長や山口さん等の熟練の職人さんにお聞きすることで解決策を見出していきました。なので、生みの苦しみというか、本当にやりがいを感じていて、日々楽しいなと思うようになってきています。

今後の目標は二つあります。
一つ目は、他の人ではできない難しい図面の製品を提供できるようにプログラミングや工具選定を究めていきたいと思っています。最近取り組んだ複合機を用いた複雑形状の加工品は、打ち合わせ室にもありますが、今でもよくできたなと感じる一品です(笑)
もう一つの目標は、多くの後輩が出来たので、彼らに私の経験から伝えられることを教え、一人ひとりが戦力となる手助けをしたいと思っています。彼らの成長が会社全体でのレベルアップに最もつながると思いますので、ぜひ加工レベルの向上に取り組んでもらいたいと考えています。

阿智精機は、今、非常に若い社員で構成されています。会社全体の雰囲気としては、和気あいあいと言った感じである一方、装置・ユニット品等の新たな取組みも行っているので、非常に成長性のある企業であると思います。
そのような会社で働きたいと考えられている方には、ぜひとも入社していただき一緒に働きたいと考えています。

偶然の出会いから、自分のやりたい仕事に出会えました!

私は高校まで野球をやっていて、社会に出る時も外で体を使った仕事をしたいと思っていたので、高校卒業後は土木関連企業で働いていました。

実は、その会社の仕事で阿智精機の組立部門が入っている現在の建屋の工事にも携わっていました。その時に阿智精機を初めて知り、新しい建屋を作っているってことは何か新しい事を始めるのかなと気になり、ハローワークに行って探してみました。
その時に求人を見つけ、地元に近かったですし、面白そうだなと思ったので、興味本位で応募をしました。
選考はとんとん拍子で進み、無事、採用してもらう事が出来ました。ただ、転職したのはいいものの、最初の3か月間はあまり仕事に対して前向きに取り組むことはできていませんでした。
当たり前ですが、入社当初は分からない事だらけなんですけど、その日に指示された事をこなして帰るというだけという日々で、面白くないなと感じていて、自分主導でやりたいのにな~ともやもやした気持ちで仕事をしていました。
そんな姿勢がかわったきっかけは、3か月の試用期間が終わりを迎えたころにありました。
正式に社員となるとなった時、社長に一対一で給与について説明をいただき、思った以上の評価を受けている事、期待されていることを知り、会社に対する感謝の気持ちと何かの形で恩返しをしたいと考えはじめました。

いざ、真剣に取り組み始めると、また壁にぶつかってしまいました。
土木関係で働いていたは飲み込みが早い方だと思っていたのですが、今の仕事は頭でしっかりと考えた上で作業も行わなければならないので、感覚だけでは通用しない部分もあり、戸惑いを感じました。
ただ、決心したからにはやり遂げようという気持ちを持って、積極的に取り組むことで、現在では、装置の組立から納品まで全てを任せてもらえるようになり自分の主導で「これをやろう、あれをやろう」と考えながら仕事ができるので、非常に達成感を持って、取組むことが出来ています。

私たちの会社である阿智精機には、20代のやる気に満ち溢れたメンバーがそろっています。社長も若くどんどん前向きに引っ張って行かれる方です。なので、私たち若い世代が社長についていけばどんどん成長していける会社だと思います。

長野の阿智村という場所で、互いに切磋琢磨し、会社が大きく成長するのを一緒に頑張ってくれる仲間に入社してもらえるとうれしいです!

一流の”ものづくり”をしている現場の様子を少しだけお見せいたします!

採用のお問い合わせはこちら

阿智精機にご興味いただき、ありがとうございます!
採用のお問い合わせは以下のフォームにご入力の上、内容を確認して送信してください。


お名前必須
おなまえ必須
メールアドレス必須
電話番号必須
問い合わせ内容